4ヶ月、3週と2日


f0080385_15362182.jpg

4ヶ月、3週と2日

下の映画とはうって変わって、シリアスでズドッとくる映画。
これは去年のカンヌの金賞をとった作品。レンタルDVDにて。

チャウシェスク独裁政権時代のルーマニア。法律で禁止されてる堕胎手術。
主人公の大学生オティリア(左の女性)が、ルームメイトのガビツァ(右)の中絶の為に違法行為を覚悟の上でホテルの一室で密かに行う手術の手助けをする一日のお話。


なんともしんどい映画。
こんな映画も観るんですよ^^;



この緊張に満ちた社会背景の中、規則に縛られた言動しか出来ない人達、
自分の都合でしか考えられない人達、いいかげんで無責任な人達、
そんな中で葛藤しながら友人を助けようと東奔西走する主人公オティリア。

手術をうけるこの見るからに弱弱しいガビツァの
とにかくいいかげんで他人事のように無責任なこと!
まだ2ヶ月と行っておきながら、じつはすでに4ヶ月。
「なんとなく2ヶ月って言っといたほうがいいかと思って・・・」
いるいる、こんな奴!とか思いながらも、その友人の為に足りない手術費用の為
医師に自分の体まで差し出す主人公に、この時代の重苦しさを改めて実感したり。

主人公が堕胎後の胎児をバッグに詰め込み、見つからないように処分する為に
夜の街を彷徨い歩く場面はこの映画の中でのクライマックスだったかな。

胎児を処分して術後の容態を心配してホテルに戻ると
中絶したばかりのガビツァがそのホテルのレストランでケロッと
「お腹すいちゃって!」って注文したレバーを頬張るラストシーン。
したたかな女性の強さも垣間見る。
淡々とした重い空気の中に、どぎついブラックを効かせる、
これがルーマニア・ニューウェーブってやつなのかしら。

ただ、今までにあまり見たことの無い感じの映画だったのは確かかも。
[PR]
by pyontaro-piyopiyo | 2008-10-03 15:36 | シネマ


建築・ダイビング・映画…好き・嫌い、ごちゃまぜ、気まぐれ、てへへ日記


by pyontaro-piyopiyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
ケンチク
ダイビング
ヒトリゴト
ニャニャニャ
ぷらりフォト
おでかけフォト
シネマ
ヨミモノ
キキモノ
シモタカマニア
ヒロシマじゃけん
ピリピリ
未分類

お気に入りブログ

BAGUS!
Jonny and Ju...
バンビと一緒にお家をつくろう
サカナのキモチ
326の徒然日記
ashuとnamyのよも...
ONE DAY
☆海と星☆
「道の駅紫波 レストラン...
ぱいんの「海であそぼ」
ダイビング、楽しい~♪
PARADISO 
お天気おぢさん (撮れた...
All About 身辺雑事
よーなしブログ
na praia.
ふわもこ日記    マメ...
いろはにむげん

リンクいろいろ!

タグ

(141)
(100)
(98)
(25)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
マリンスポーツ

画像一覧