「ほっ」と。キャンペーン

あの~・・・・・・!


f0080385_2326865.jpg

「そういえばここんとこ海行ってないじゃん!」

ブログみてる友達から言われちゃいました。
そう思ってる方もいらっしゃるかも!



実は・・・しばらく?いえ、当分海はおあずけになっちゃったんです。

理由は〝ピリピリ〟が出ちゃったから。ピン!ときた方もいるかしらん?


ここで白状しちゃいましょう。  
(すいません!思いのほか長くなってしまいました^^; )

去る先々月のダイビングの後のこと。
その4日後、右腕にかすかな痺れを感じたんです〝ピリピリ〟
あれ~、重い荷物を長く持ってたからかしらん♪
ただしばらくしてすぐに消えちゃったんでたいして気にも留めませんでした。

その後も時折手に痺れは感じたけど全く気にせずに、そのダイビングから1週間後
東伊豆でのんびりダイビング2本。
その夜、やっぱり感じる腕の微妙な痺れ。やぁな感じ!ここで初めて気付く!
もしやこれって・・・減圧症@@? (減圧症についてはこちら参照。)
でも先週、そんなに無理なダイビングもしてないと思うし・・・・。
もちろん高所移動もなかったし・・・・。症状が出るのも遅すぎるし・・・。
まさかね~・・・・。でも・・・・・。もんもんぐじぐじ・・・

ぐじぐじ悩むのは苦手なんで、まずははっきりさせようと電話で問い合わせた後、翌週減圧症治療で有名な東京医科歯科大医学部附属病院に行ってみた。
(痺れを感じてから10日後でした。)

首、腕、足、胸とほぼ全身、減圧症に生じる感覚異常や筋力低下を調べる検査を入念にしてもらったけど、感覚障害等の症状は特に見られなかった。
診察後、「検査では異常が見られず、なんともいえない結果なので高気圧酸素治療
(高気圧の大きなカプセル(チャンバー)内で純酸素を吸入しながら約5時間入って、体内に出来た気泡を再融解させる再圧治療)を受けるかどうかはご本人の意思を確認してるんですが、どうしますか?5時間の再圧治療受けますか?」と先生。

話しには聞いてた再圧治療。こんな機会はそうないでしょう。
「ぜひ入らせて下さい♪」と即答!
ただ減圧症だった場合、チャンバーの中でも症状が発症することが多いとのこと。
やっぱり安心の為にも入っておいた方がいいらしい。

ちなみにチャンバー内にはトイレがありません。治療5時間、途中退室は出来るけど何かと面倒。ネットで下調べするとオムツを付けとくと安心らしい。
という事で私も病院の売店で買った大人用オムツを履いてみた・・・・・。
ふふふ。絶対誰にも見せられないこの姿。でもこれがなんと気持ちよい履き心地。新鮮な感覚の幼児体感と安心感。まずいぞ。癖にならないといいんだけど!
結局、なんとかお漏らしすることもなく5時間終えられました。

そしてその再圧治療中も、痺れなどの異常は感じられなかった。
診てくれた先生は「可能性は0じゃないけど、発症の遅さやこの結果から見て減圧症と言い切るのも難しいですね!」とのこと。
なぁんだ、思い違いだったか。と一安心!
「もしそうなら6ヶ月はダイビングは控えてもらうんですが・・・、でもここまで可能性が少ない方にそこまでは言えませんしね・・・。」遠慮がちに付け加えられた。
だって、違うんなら別にいいじゃん!と何事も都合よく受け取る私。

(減圧症は、レントゲンや血液検査などの客観的な検知では確認できません。基本的には患者本人の主観的な感覚の異常でしか診断できないのだそうな。症状の出方もその感じ方も人それぞれ違う。特に今回の私ような微妙な症状の場合など、はっきり断定するのが難しい病症だそうです。
これがどうも煮え切らないところでもあるんですよね。〝白黒はっきりしてっ!〟ってとこです。)

用心で一ヶ月海をひかえてみたんだけど、その間やっぱり気になる症状も出なかった。
やっぱり気のしすぎだったみたい。

(今にして思えば、治療後に症状がなくなったということは
〝減圧症の治療の効果があった〟→〝減圧症の症状だった〟ということだったのだろう。)


とにかくすっかり安心していどんだ先月18日の一泊強行の沖縄ダイブ。
ガイドさんにも余計な気も使われたくなかったのでこの話はしなかった。
そして行きの飛行機でもなんら異常なし。
またビギナーのゲストと一緒だったのもあってmax17mの安全ダイビングを2本、
まったりのんびり潜ってもなんら異常なし。っていうか楽しくてそんなことすっかり忘れてた^^;

だけど潜ったその夜。美味しい沖縄料理も食べて、電照菊も堪能して、
さあ寝るぞ~と横になった時に首の後ろにきた〝ピリピリ!〟
「あっちゃー!きたかぁー!?」 再発だ!!
翌日、腕やももにも時おり微妙に感じるピリピリ・チクチク感。
25時間空けて乗った飛行機内でも腕ピリピリ。もうしっかり覚悟しちゃいました。

帰った翌日、病院に電話したんだけど、治療の患者さんで予約はずっといっぱい。
(そんなに減圧症の患者さんっていっぱいいるのか@@!?)
治療可能日と仕事の都合のタイミングが合ったのが今月2日。

あらためて診察してもらいましたが今回も神経的な感覚の異常は見られなかった。
(もしかして私が鈍いだけなんだろうか?)
そして今回も高気圧酸素治療のチャンバーに入りました。今回はオムツは無し^^;
この日チャンバーで治療うけるのは5人。キュウキュウのほぼ満員御礼状態。
するとその中に、以前海でお会いした事あるお顔が!お互いびっくり。
挨拶すると「こんなトコでお会いしたくなかったですねぇ」って。まったくです!

今度はチャンバーに入ってる最中に、ちょこっとだけどしっかり腕や足に痺れる症状が出た。左のフクラハギ(カナにするとお魚の名前のよう^^)だけズンと重くなった。
治療後の診断では「今回の症状や結果から見ると、やっぱり減圧症と考えたほうがよさそうですね!」と先生。
はい、覚悟しとります。

軽症の為、治療はこの時と、その後まだ多少痺れが残ってたので念のため翌週にまたチャンバーに入って(これも自分から希望しました。)とりあえずこれで終了!
あとは自然治癒に任せます。
最初の治療のおかげで再発も軽症で済んだのかもしれません。


ただ減圧症と言っても、もうほとんど症状も消えました。
心も体も元気ハツラツ♪
まったく心配ご無用です!


ただ、後遺症を残さない為、今後再発させない為、長く元気にダイビングを楽しむ為に
完全に症状が消えてから6ヶ月間はダイビングはおあずけになっちゃいました。
f0080385_20514113.jpg
この減圧症。講習などで教えられたことを守って無理なダイビングさえしなければ、
可能性がないわけではありませんが、そうそうなることはありません。
ただ一見安全な潜水でも、無意識による些細な不注意や外れた行為が(たとえそれが不可抗力であっても)タイミング悪く重なると罹ってしまう可能性が高くなります。
(明らかに無謀なダイビングは問題外!)
今回私にも思い当たることは多々有り。自業自得というやつ。

素人なりに原因を考えて見ると

・やっぱり一番の要因は写真に熱中して減圧潜水になったことでしょう!
 ダイコンのDECOを消したからと言って、ダイコンは安全を保障してくれる
 ものではない事を再認識。
・前日の睡眠もあまり取れてなかったかもしれない。
・水分補給については今まで意識してなかったんだけど、朝食でお茶を飲んだくらい
で潜水前はほとんど水分は取ってなかったような気がします。
 (また水分補給という点からは、お茶よりも水やスポーツ飲料の方がいいらしい。)
・DECOを消した安全停止中の浅瀬で、うねりに持ち上げられて一瞬だけど急浮上の
 警告音が何度かあった。これが原因!?
 瞬間ではあるものの、DECOを出した後の急浮上はやっぱり危険だったかもしれ
 ない。

現在247本。そろそろダイビングにも慣れてきて、ちょっと甘えがでてきて、
「このくらい大丈夫だぁ~!」と自分勝手な考えがあったのでしょう。
楽しいダイビングの為に、また大きな事故を起こす前に、潜り始めた頃の緊張をあらためて思い出して講習で学んだ諸注意事項をもう一度肝に命じるいい機会だったのかもしれません。
こういうのは痛い目に会わないとなかなか気付かないものだし><;

実はここでわざわざ白状しちゃう必要もないかと迷ったんですが、
今回チャンバーをご一緒した方の中に、皮膚に異常が出て減圧症とは思わずに
皮膚科に2ヶ月通っても症状が治まらず、結局症状を悪化させてここで何度も繰り返し治療を行ってる方がいらっしゃいました。携帯で撮った、治療前のご自身のいびつに腫れ上がったオデコの写真も見せてもらっちゃいました。
また、もう何年も発症を放置して潜り続け、すでに神経が失われてしまってところどころ腕の感覚を無くしちゃったベテランダイバーの方もいらっしゃいました。
私を含めて、減圧症についてあまりにも知られてないことをあらためて実感!

きっとこれ読まれてるダイバーのほとんどの方が私より先輩ダイバーだと思います。
今更言われなくても、当たり前のように気を付けてることだとは思いますが、
減圧症について、あらためて気にしてもらうきっかけにでもなれたらと思い、
(ちょっとコワゴワですが^^;)載せちゃいました。

ちなみにこちらは医科歯科大の先生による減圧症についてのサイト。
またこちらは今回いろいろ参考にさせて頂いた、体験者のダイバーの方が作られたストレートに減圧症予防を呼びかけるサイト。情報盛りだくさんです。ダイバーの方は減圧症にならない為にも、一読されてもいいかもしれません。


とにかくなったもんはショウガナイ。きちんと治してきちんと復帰するだけです!
予想では順調にいって7月頃の海復帰を目指します。たった半年、・・・されど半年。
(来年は春先のダンゴちゃんに会えないかぁ~T・T )
その間、陸でいっぱいイメージトレーニング!写真の練習に励みましょう!!

ということで、しばらくは新しい海ネタはなしです。う~、これからネタに困りそう。
昔の写真を掘り起こそうかな ^^ゞ
なんじゃかんじゃと相変わらずツラツラと思いつきのブログになると思いますが
またお暇つぶしにおいで下さいませ!!
f0080385_23311633.jpg

[PR]
by pyontaro-piyopiyo | 2008-12-18 10:50 | ピリピリ | Comments(20)
Commented by namy at 2008-12-18 14:58 x
びっくりしました。
でも、軽症でよかったです。
海は逃げませんから、治してから潜りましょう。
その間は、陸カメラを楽しみましょう♪^^

実はダイビングのあと、お腹に赤い斑紋がよくでます。
一晩たつと消えるし、痛くもかゆくもないんですが、
毎回出ます。
リンク先を読んで、ちょっとビビッてます。
これからは浅場とはいえ、長時間の反復潜水は注意します。
Commented by saty7 at 2008-12-18 20:39
おおお、お大事に。
免停180日ですね・・・・

他人事では済まされません。私も気をつけます。
海で待ってますね。
Commented at 2008-12-18 21:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pine118 at 2008-12-18 22:12
やっちゃいましたか。お大事に!
しっかりと再発しないように治してください。
私みたいに外リンパろうで内耳痛めて後遺症残さないように。
海に潜れない期間、つらく思う時もあると思いますがめげずにねっ。
海は逃げませんから!
復帰プログラムとか、いまから勉強しておきましょう。
海に行けるようになったら一緒に潜りましょう!
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-12-19 00:04
≫namyさま
驚かせちゃってごめんなさい^^ゞ
でも今度は陸の上ではレンズ沼に潜ってしまそうで恐いんですが・・・!

他の原因の症状と区別が付かないのが、困ったとこですね!
namyさんのも決してそうかは分からないけど、気をつけるに
こしたことないですもんね!
年末のダイビング、お気をつけて、でもその上でまたいっぱいウミウシUPして下さいね^^!
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-12-19 00:07
≫ saty7さま
免停です。講習で短縮してくれればいいんだけど・・・無理そうです!
しばらくは saty7さんのカメラ教習ブログで私も勉強させて頂きます^^!
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-12-19 00:14
≫鍵コメさま
なんつぅか・・・・とりあえず笑ろときましょうか~^^;
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-12-19 00:18
≫ pine118さま
ありがとうございます。
当分はパインさんの写真眺めながら海への思いをはせさせて頂きます~!
復帰プログラム、このペースに我慢できるか今から心配です!!
Commented by fairy_basslet at 2008-12-19 01:23
びっくりです。
ぴりぴり、私も感じたことがありますが、きっと違うだろう、と思い込んでました。(その後ひどくなってないので違ったんだと思いますが・・・)
私も無理しないように気をつけようと思います。
pyonratoさんも、あせらずゆっくり復帰してくださいね^^!
陸写真楽しみにしてます♪
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-12-19 11:36
≫ fairy_bassletさま
ありがとうございます!
私もびっくりしました^^;
きっと私も自然治癒しちゃう〝プチ減圧症〟は今まで知らずになってたんだろうと思いました。
やっぱり楽しいことは何事もホドホドが一番なのかもしれませんね^^ゞ
こうなったら陸は陸でいっぱい楽しんじゃおうと思ってます!
ホドホドにね^^!
Commented by らいとまん at 2008-12-20 11:42 x
んちゃ、おいらpyontaroさんのとこに遊びに来たの初めてかもかも。
あまりヒトンチ遊びに行かないけど、今回はお見舞いに来ました。
お大事にしてください。
おいらの水没の記事をブログに載せたのも、ひとつは同じような原因の事故がなくなれば、と思ったのもあったから。
pyontaroさんのブログじっくり読ませていただきました。
減圧症は複合的な要素と個人差があって、むずかしいですね。
おいら寝不足はショッチュウだし・・
復活をお待ちしています、大事なくてよかったです。
Commented by うみうしふぇち at 2008-12-20 11:59 x
pyontaroさん、大変でしたね。でもすぐに検査にいって本当に良かったですね。半年のお休みもイメージトレーニングで戻ったときには、さらにバージョンアップされてることでしょう(^^)v
なんだっけか?スポーツ選手で、怪我をして何ヶ月か練習が出来なかったんだけどその間にイメージトレーニング(勿論リハビリをしながらなんでしょうが・・)し続けたら、怪我前に出来なかった技が復帰後に出来ているようになった!とか・・・イメージトレーニングって大事なんですね!
なんでpyomtaroさんもきっと!!
グルメレポートもよろしくおねがいしま~~す(^^)/
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-12-20 12:58
≫らいとまんさま
んちゃ!お見舞い有難うございます。
っていっても、おかげ様で体はいたって元気です。
昨晩は腹筋しすぎて今筋肉痛が痛くって^^;
水没も減圧症も、ある程度きちんと注意さえしておけば
免れられることですもんね。いろんな事例を耳に入れとくのも
大切ですからね^^!
私の記憶が正しければ、お越し頂くのは2度目です。(たぶん!)
何もおかまいできませんが、また遊びにおいで下さいまし!!
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-12-20 13:41
≫ うみうしふぇちさま
有難うございます!
これもある意味誰にでも起こる交通事故のようなものかもしれません。
うみうしふぇちさんもくれぐれもお気を付け下さいね!
実はちょっと前に持ち歩き用に小柄な中古のD60を落札したので、
トイデジと合わせてパシャパシャ遊びながらイメトレに励みたいと思います!って被写体は酒の肴ばっかりだったりして^^;

夏までは大瀬にも行けなくなっちゃったんで、大瀬館の皆さんやノリゴンに
「おいらを忘れないでねー!」って尾崎が叫んでたって
お伝え下さいませ^^!
(ちなみに発症したのは大瀬じゃありませんから~^^!)
Commented by kadoorie-ave at 2008-12-20 14:01
そういう症状があるんですか...あらあら。今はお元気なようなのでホッといたしました。じっくり治して、また海の仲間たちを紹介して下さいませ。
でも、私は陸用pyontaroさんの日々や、見たもの聞いたものを綴ったブログエントリーも大好きですから、楽しみにしています〜。
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-12-20 14:40
≫kadoorie-aveさま
ご心配おかけしてごめんなさい!もうまったく元気です^^。
どんなことも楽しいことって、必ずどこかにこっそり〝落とし穴〟が・・というか、それを楽しむ為にこの人が適してるか、資格試験みたいなものが幾度となくこっそり用意されてるのかもしれませんね。
前回合格しても今回受かるかどうかわからないような。
今回、その何度目かの試験に落っこちちゃったみたいです^^ゞ
しばらくは復帰の為の追試を受けるまでの待機期間。じっくり海浪人生気分を満喫です。(実際浪人して予備校も行ってたし^^;)
友達から〝ケンチク〟のカテゴリのUP少なすぎないかい!と叱られちゃってるので、せっかくなのでいろいろ建物とかも見にいけたらと思ってます。
そのときは建物ツウのkadoorie-aveさんの貴重なコメント、楽しみにお待ちしてますね~^^!
Commented by mkm0675 at 2008-12-20 20:50
軽症でなによりでしたが・・・半年って、長いですね。
カメラがどんどん充実してた中、ちょっと残念ですけど、しっかり治してまた復帰したときに存分堪能してくださいね^^。
また、その間に違う楽しみが生まれるかもしれませんね☆

うちでも職業ダイバーさんの、減圧症の診察の依頼を受けたことがありました。山の中でもあるんですねぇ・・・
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-12-21 10:05
≫ mkm0675さま
ありがとうございます。
この9月10月と張りきって潜り過ぎてたんで、ちょっと小休止です^^。
私が行った時も、わりと高齢の職業ダイバーさんの患者さんも来てました。
でもたしか長野って海はないんでしたよね。
諏訪湖でお仕事されてたんでしょうか!?
Commented by OKAME☆ at 2008-12-21 16:51 x
大変な事に…お見舞い申し上げます。実は私の夫もOW取得後の7本目で減圧症になってしまい、山見先生にお世話になりました。同時に取得し、同じ環境でダイビングを楽しんでいたのですが・・・山見先生の見解では育った環境と体質との事でした。主人も軽度で発症に時間がかかり、約3ヶ月経ってからの受診で、月2回程のチャンバーへに福島から数ヶ月通いましたが、結局は受診が遅れたので完治とい事は難しく、今でも足の指などに違和感が残っていますが、問題はなく山菜とりやスキーなど山を走りまわっています。
pyontarouさんは早く受診されてますから、あせらずに治療に専念されれば完治できますよ(^○^)頑張ってください!
6か月後はウェットで潜れる季節になりますし、撮り貯められた水中写真も楽しみにしております。
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-12-21 22:29
≫ OKAME☆さま
ありがとうございます。
そう、大変な事です~!一番大好きな冬の青い青い大瀬崎に潜れません~~^^!
それよりご主人も OKAME☆さんもびっくりされたことでしょうね。
また大瀬でお会いした時にまたお話聞かせて下さい!
ブログ拝見しましたよ。大瀬行かれたんですね!ニシキフウライちゃんやウミウシたちには会えましたか^^!きっとこの間とはうって変わって綺麗な大瀬崎を満喫されたことでしょう♪

これから尾瀬も厳しい冬を迎えて大変だと思いますが、くれぐれもお気をつけて!
復帰した時はぜひまた大瀬崎ご一緒できるの楽しみにしてますね^^!


建築・ダイビング・映画…好き・嫌い、ごちゃまぜ、気まぐれ、てへへ日記


by pyontaro-piyopiyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ケンチク
ダイビング
ヒトリゴト
ニャニャニャ
ぷらりフォト
おでかけフォト
シネマ
ヨミモノ
キキモノ
シモタカマニア
ヒロシマじゃけん
ピリピリ
未分類

お気に入りブログ

BAGUS!
Jonny and Ju...
バンビと一緒にお家をつくろう
サカナのキモチ
326の徒然日記
ashuとnamyのよも...
ONE DAY
☆海と星☆
「道の駅紫波 レストラン...
ぱいんの「海であそぼ」
ダイビング、楽しい~♪
PARADISO 
お天気おぢさん (撮れた...
All About 身辺雑事
よーなしブログ
na praia.
ふわもこ日記    マメ...
いろはにむげん

リンクいろいろ!

タグ

(141)
(100)
(98)
(25)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
マリンスポーツ

画像一覧