カテゴリ:キキモノ( 11 )

X'masキャンドルの灯はゆれているかい



今日も仕事だし何も盛り上がりはないけれど、なにはともあれ

Merry Christmas !
♪(*^^)∠※PAN!。・:*:・゜☆,。・:*:・゜ 

今年もやっぱり聴こえてくる達郎の歌声♪
そういえば、何気にこの時期に聞きたくなる曲がいくつかある。

一つはジョン&ヨーコのダブル・ファンタジーの一曲目の
スターティング・オーヴァー
このアルバムがリリースされた翌月12月、夜中受験勉強しながらラジオで速報で聞いたジョンのショッキングなニュースにほんとびっくりしたのを覚えてます。
このアルバム自体はそんなに好きじゃないんだけど、この曲の最初のトライアングルの音はずっと頭にこびり付いてます。

それと、今朝も聴いていたイーグルスのハートエイク・トゥナイト
ロングランというアルバムからのこの季節にシングルカットされた曲。
当時中学生で英語が苦手の私は、この曲の中で
〝heartache tonight !〟と連呼するのを
〝hory tonight ♪〟って歌ってると思いこんで、その後数年間ずっとクリスマスの歌だと思い込んでた。
なので今でもこの時期は部屋にはロングランがよくかかってます。


あと、友達の車に乗るとこの時期決まってエンドレスで流れてた曲。
f0080385_0374574.jpg

上のタイトルとこの写真で、〝ウミウシ好きのアラフォー世代〟の方はすぐにお分かりでしょう!
ってそんな人そうそういないか^^;

嫌って程聴かされて、この季節イルミネーションを見るとパブロフの犬にように
条件反射で思い浮かぶのがこの曲です。
甲斐バンドの「安奈」



でも確かに名曲ですよね^^。
ということで写真の子はアンナウミウシ


昨晩、閉店間際の近所のケーキ屋さんで買ってきたモンブラン。美味しかった^^!
f0080385_0402644.jpg
このケーキ屋さん、25日の夜閉店時間にもし売れ残ってたらX'masケーキ半額にしてあげるって言ってくれた。
それはそれで嬉しいけど、また懲りずにホール一気に完食して
〝気持ち悪ぅ~><;〟って苦むのも目に見えてるし・・・。ああ、悩ましい。

私のX'masにはやっぱり大滝さんの〝クリスマス音頭~お正月〟が一番似合ってるかも。
[PR]
by pyontaro-piyopiyo | 2008-12-23 11:26 | キキモノ

The Penguin Cafe Orchestra


たとえば、下記事ようなの朝陽のもと目覚めた休日。一日まるまるゆったり家の中。
そんな一日にお部屋でかけていたい音楽は?なんて考えたら、私は迷わずこれです。
f0080385_23172772.jpg
「The Penguin Cafe Orchestra」
というか、最近やたらとこればっかり聴いてます。

英国のサイモン・ジェフスが中心となってつくった環境音楽プロジェクト。
弦楽器をメインとした、自然界音楽団ともいえるような癒し音楽。
1976年、ブライアン・イーノのレーベルから「Music From The Penguin Cafe」を発表。
以来、舞台、映像などいろんな分野で活動。
こちら、こちら、この音楽についてもう少し詳しく書いてあるブログサイトです。
代表曲ともなってる"Penguin Cafe Single"がサイモンが京都の友人を訪ねた時につくられたというのも面白い。

この音楽、じつは高校生の時、LP盤のこのあやしいアルバムジャケットに惹かれて聴いたのがきっかけでした。

f0080385_23544530.jpgf0080385_23551293.jpg













f0080385_2355442.jpgf0080385_2356653.jpg












エミリーヤングという方が描く、なんとも不思議な、半漁人?半ペンギン人。
この画風にやられて、音楽を聴くと、またこの不思議自然カフェ音楽にやられてしまいました。
一日中聴いてても、ぜんぜん飽きない。もう20年以上聴き続けていてもまだ新鮮な感覚で聴いています。
この半ペンギン人の世界、ぜひ足を踏み入れてみて下さい。
ミントな風の中の草原のような、森の中のちょっと手触りのある木漏れ日のような、時には夕闇の一本道のような、不思議空間音楽。
この音楽が流れる中での、ぼんやりと過す一日。
早起きの後の二度寝。遅いシャワーの後のちょこっとエールビールなんぞぐびっと^^。
もう外になんて行く気なくなっちゃいます。

この世界、きっと抜け出せなくなりますよ^^!ちょこっと試聴~!!

~1997年、脳腫瘍で48歳の若さでなくなったサイモン・ジェフスより~

ペンギン・カフェ ペンギン・カフェ
そこは ぼくらの人生があるところ ほかには 何もないけれど
きみの乾きをいやすものは ちゃんと テーブルの上におかれている
きみに それを持ち上げる力があるならば
それは 自ら重さを和らげるだろう
そうすれば きみは
それを手にすることができる
もし きみに その力が無いのなら
ペンギン・カフェへ いらっしゃい
                    サイモン・ジェフス 1972.6
[PR]
by pyontaro-piyopiyo | 2007-06-05 00:10 | キキモノ

マイ・ネーム・イズ・ジャック!


〝ぼくの名前は ジャック・テンプシー 背が小っちゃいから
 いつまでたっても デッキウォッシング GI暮らしさ

 My Name  is Jack! ぼくは大好きさ
 グレタ・ガルボの水着のポートレート

 We all love Jack! ぼくら水兵さ
 その名も シャーリーテンプルっていう船の上~♪ 〟


私が大好きな、ムーンライダースの曲、「マイ・ネーム・イズ・ジャック」
可愛い水兵さんの歌。

先日、昨年社会人となり、今、一人前の航海士になるために頑張っている親戚から、
研修の航海の様子が詰まったCDが届きました。

(航海先のハワイのお土産といっしょに^-^)

写真があまり素敵だったんで、ちょっとだけお披露目です^^!

f0080385_23164055.jpgf0080385_23165982.jpg

















f0080385_2318112.jpg
f0080385_23184623.jpg

f0080385_23205434.jpg








f0080385_23214262.jpg

f0080385_23531434.jpg








f0080385_23232679.jpg

f0080385_23242413.jpg

マーくん、頑張れ~!東京に上陸したら連絡ちょうだいね~^^!
[PR]
by pyontaro-piyopiyo | 2007-04-07 23:13 | キキモノ

〝薔薇がなくちゃ生きていけない!〟


昨日の夜中、NHK BS2でご機嫌な番組がありました!
「ムーンライダーズ 30年のサバイバル Who's gonna die first?」

私がムーンライダーズに出会ったのが多分25年前。
当時もっぱらレンタルレコード屋さん通いをしていた私がたまたま手にとったLPが

f0080385_1450884.jpg〝東京一は日本一〟

当時はムーンライダーズってバンドも名前を聞いたことあるようなないような・・・くらい。
そのLPこそ、当時のムーンライダーズ初期のベスト盤でした。
ビビビビビ!って感じ。これまで聴いたことのない音楽。あきらかに違ったんです!
〝モダーン・ラバーズ〟〝Elephant〟〝鬼火〟・・・・
このバンドの音楽、もっと聴きたい!ここからどっぷしはまってしまって、それが現在まで続いてる。
音楽について語るのは苦手なので、うまく言えないのですが、
とにかく音楽好きなおじさん達が、ロック、ソウル、テクノ、パンク、ニューウエーブ、かっこいい音楽はこだわりなく(節操なく^^!)取り入れて聞いたことないような、かっこいい音楽を〝さぁ、聴きやがれ~!〟的に、私たちに発信し続けてくれます。
何が嬉しいって、当時から現在まで、ずっとオンタイムで新しい音を聞かせ続けてくれてる。
昔の記憶の中の好きな音楽ってんじゃなくて、ずっと次のアルバムを期待させ続けてくれるところがすごい!30周年だもんね。

昨日の番組では50歳を過ぎたおじさん達が、過去を振り返る座談会を交えながら、初期の曲から、最新アルバムの曲を生ライブ。
ここんとこライブにも行けてないので、(ちょっと演出の臭さも〝・・らしさ〟かな^^)相変わらずおちゃめな鈴木慶一さんをはじめ、かっこいいおじ様達の姿を拝見できたいい夜でした!風邪でのどが痛いのについ一緒に歌ってしまうのでした!

〝薔薇がなぁくちゃ、生きていけない~!
 やぁ~やぁ~や、やぁ~やぁ~やぁ~♪〟 
(マニラマニエラより 「スカーレットの誓い」)


(ムーンライダーズについて書かれてるページです。紹介もかねて^^!)
[PR]
by pyontaro-piyopiyo | 2007-03-27 14:40 | キキモノ

れっつ・おんど・あげぃん!

昨日のログ。
なんで、あんなんなっちゃったかっていうと・・・

この写真のコメント、何がいいかなぁ~!なんて考えながら聴いてたCDが、

f0080385_20403755.jpg
「植木等的音楽」
といってもクレージーキャッツのスーダラ節の植木等ではなく、
(クレージーキャッツももちろん大好きなんですが!)
彼を昔から崇拝していた大滝詠一さんがプロデュースの21世紀の植木等的音楽。
と、いうより大滝さんが、長年、大好きな植木さんにやってもらいたかったことをついにやっちゃった!というアルバム。
2曲目の「新二十一世紀音頭with三波春夫」なんて、大滝さんがパロディでモチーフにしまくった二人が大滝さんの音頭で唄ってるんですもの!
大滝さんファンの私もつい一緒に踊ってしまいそうになっちゃいます。
そして、やっぱり植木等的、とりあえず唄ってしまえ的な無責任な心地良さにひたってしまうのでした。

そして、大滝詠一さんの音頭ミュージックといえばこれ!

f0080385_21101372.jpg
「LET'S ONDO AGAIN」
学生時代に録音したテープが紛失して諦めていたのですが、
しっかり最新リマスターCDとして10年前に発売されてました。
大滝詠一といえば、「ロング・ヴァケーション」や「幸せな結末」のメロディアスな曲のイメージがあると思いますが、彼の真骨頂はやっぱり第一期のナイアガラレーベルの作品でしょう。
「ナイアガラ・カレンダー」「ナイアガラ・ムーン」「ゴー・ゴー・ナイアガラ」等など・・・
その初期レーベルの最後のアルバムが
「LET'S ONDO AGAIN」。 ロックン・ロール、カントリー、R&B、歌謡曲、民謡、もうなんでもあり。
それがみごとに音楽センスとギャグセンスをふんだんに取り込まれて大滝音頭に生まれ変わります。大滝さん曰く、「コミックロックの皇帝です。」

私は、〝はっぴぃえんど〟解散後、細野さんとはまったく違う方向に行ったかと思ってた大滝さんですが、当時の固定観念にかたまった日本の音楽シーンをまずは壊しに向かった方向は同じだったのかもしれません。
それにしても、とにかく遊び過ぎ^^楽しすぎるアルバムです!
[PR]
by pyontaro-piyopiyo | 2007-03-26 20:40 | キキモノ

この季節のスティング!


ブログを始めたせいか、年取ったせいなのか、
ここ最近妙に昔のことを思い出すようになっちゃいました。

昨日はバレンタインデイ。
昔、中学生の頃、さかんに洋楽を聴き始めてた頃。
やっぱり音楽好きの同級生の女の子。
バレンタインにプレゼントをもらいました。

学校が終わって帰る途中、たまたま(だと思ってた)帰りが一緒になって
たぶん音楽の話でもしてたんだと思う。
急に「これ!」って手渡された。
もしかして?チョコ?かすかに期待もしてたのかもしれない。どうだったんだろ?
でもチョコじゃないのは見てすぐにわかりました。
レコード屋さんのビニールに入ったLPジャケットだったんです。
「これ、好きでしょ。」

開けてみると・・・
f0080385_0173688.jpg

THE POLICE 「REGATTA DE BLANC」

びっくりです。ちょうどPOLICEのMESSAGE IN A BOTTLE (邦題「孤独のメッセージ」)が大好きで、ほんとにほしかったアルバム。そんな話もしてたのか?
この中の多くの曲がシングルカットされたベストアルバム的なLP。
写真はずっと後に買ったCDです。(LPは自家にあるはずです。)

毎日聴いては、「BRING ON THE NIGHT いいよね~!」とか
「WALKING ON THE MOON のミュージックビデオかっこいいよね。」
なんてその子とうきうきと話してました。

その後、とくに何事もなく卒業して、そのまま会うこともなく・・・。

今にして思えば彼女が好きだったのはオフコース。
鈍感な私は、彼女が話題を合わせてくれてたのに気づいたのはず~っと後でした。
そういえば、なんにもお返しもしてないぞ!幼なかったとはいえ、随分ひどいヤツです><!
多分当時はホワイトデーなんて習慣無かったんじゃないかなぁ。(なんていい訳してみる^^;)

この時期になると、当時の少しかん高いスティングの歌声が
なんとなく聴きたくなってしまうのでした。
[PR]
by pyontaro-piyopiyo | 2007-02-15 23:38 | キキモノ

ゴキゲンな一枚!


今日は仕事の帰り際にどどっと駆け込みのお仕事が・・・ふにゃ~!!
でも一頑張りすれば、明日は海だ~^^!!って頑張って参りました。

明日は今年の伊豆での潜り納め。今年、ちょっとはまり気味の大瀬崎です^^。

街は年末らしく華やかな雰囲気でいっぱい。
伊豆までのドライブのお供はできれば一緒にくちずさめる、ゴキゲンな邦楽がいいなぁ!

〝ゴキゲン〟といって私が最初に思い浮かぶのは大好きな小沢健二の「LIFE」

でもこの季節、もっとウキウキな気分になれるのがこれ!
f0080385_2313830.jpg

フリッパーズ・ギターの「CAMERA TALK」

こちらは今年発売の、オリジナルをデジタルマスタリングされて「カメラカメラカメラ」など未収録音源のボーナストラック3曲が入った、紙ジャケットバージョンです。

「LIFE」の小沢さんとはまた全然ちがう、シャイにはじけたカワイさと、都会的センスぷんぷんの、この時期の街にぴったりの一枚。

明日は早朝から〝恋とマシンガン〟ではじけながら〝クールなスパイで、ぶっとばせ^^!〟
[PR]
by pyontaro-piyopiyo | 2006-12-11 23:33 | キキモノ

ハナレグミ

最近お気に入りの一枚。

先日、おもろいトモダチから
「ハナレグミ、きっと気に入るよ!」って教えてもらった。

とりあえず、アマゾンで新譜が出てたのでを買ってみた。
f0080385_20302530.jpg


「hana-uta」


あれれ。およよ。うん!これ好き好き。
もう最近の日本の音楽はほとんどちゃんと聴いてなかったんだけど、
自分の中では久々のヒットでした^^。

SUPER BUTTER DOGというバンドのボーカル永積タカシさんのソロのユニット。
そのバンドも知らなかったし、永積タカシって名前も知らなかった。

でも曲はとっても好きな音楽です。
一見、とってもアコースティックなシンプルな音づくり。とっても懐かしい音。
でも聞き込むにつれて凝ったつくりこみを実感です。

そしてボーカルの歌声のチカラの抜け具合がなんともここちよいんです。
肩からホロホロっと力が抜けていく感じ。
切ない歌詞がまた郷愁をさそいます。
高校生の時、初めて「ブレッド&バター」を聞いた時を思い出しました。
初恋真っ最中のあわ~い季節…。いやん!なにを言ってんだか^^;

失敗したのはこれがベストアルバムだったってこと。
ベストってあまり好きじゃない。
曲順からバランスまでアーチストのその時の想いがつまったオリジナルのアルバムがいい。
ちょっと「永積タカシ」をしばらく探ってみようかな^^!

(おもろいトモダチ~!いい歌、教えてくれて感謝。また教習ドライブいこうぜぇ~!!)
[PR]
by pyontaro-piyopiyo | 2006-11-20 21:40 | キキモノ

初秋。 風邪、ジン、そしてジョニ・ミッチェル


昨日の秋の嵐から、一転して今日は一日気持ちのいい秋晴れ。

しかし、なんだか身体が重い・・・。夜中のプリンのせい?
んにゃ、なんだか鼻もむずむず。風邪をひきかけてる感じ。

窓の外はなんときれいなお月さん。満月かな?

こんな秋の夜長はぼんやり、ゆったり、のんびりにかぎります。
(っていつもそうなんですが・・・^^;)

風邪っぽいとき、きまってクチにするのがジン。
(これも風邪にかぎらないのですが・・・^^;;)

ジンってオランダが発祥なんですが、最初は風邪のお薬として
ジュニパーベリーって杜松 の実を蒸留してできたお酒。

ちょっと邪道なんだけど、ジンをお湯で割って、ホットジンとして
チョビチョビいただきます。これ、ほんと身体が暖まって、気分もいい感じに。

そして、そこで流す音楽は・・・
この季節、とくに聴きたくなるのが〝ジョニ・ミッチェル〟
アコースティックなギターの調べと、澄んだ、というより、擦り込まれていくような、
気持ちに沁みこんで行く歌声。

「Blue」や「コート・アンド・スパーク」など、多くの好きなアルバムの中で、こんな夜に聴くのは
「Night Ride Home」なんてどうかしら。
虫の音と、ギターの語りで始まるこのアルバム。
ホットジンをくちにふくみながら、ほよよんと静かにココロに沁みるギターと彼女の歌声。
ちらちら窓の外にお月さんさがしたりして。本物の虫の音がまた心地よい。秋だね~。
ちょっとホットジン効いてきたかな^^。


火曜日は今度こそ海いくぞ!それまでには調子もどさにゃ!!
お薬、もう一杯いっとこ ^。^ !
f0080385_23282850.jpg

[PR]
by pyontaro-piyopiyo | 2006-10-07 23:28 | キキモノ

さ お ま い ?

〝はっぴいえんど〟 のCD聴いてた。「風街ろまん」

大瀧詠一さんが歌ってる。

〝た~いふぅ・・・くるよ、くるよ・・・ほ~らぁきたぁ~はっはぁ~♪〟

来ちゃったよ!台風3兄弟。(台風って姉妹だっけ?)

ちょうど沖縄出発の10日。
天気図では8号の「SAOMAI (サオマイ)」が本島付近にでっかい円を描いてます。

〝どどどどどっど~ん♪〟

ダイビングはやっぱり安全第一。飛行機も着陸が怪しい・・・。

んで安全みて出発は次の日に変更です^^;

ま!いつも自然の恩恵で楽しませてもらってんだから、
こういう自然も受け入れんばいけんですよね!

一日少なくなった分、いっぱいいっぱい潜ったんねん!
ね!ウルマさ~ん!よろしゅう~に~^^!


〝どどどどどっど~ん♪〟


f0080385_3373376.jpgちなみに 伝説のロックバンド〝はっぴいえんど〟の
名盤 「風街ろまん」 のジャケット。


右下の細野さん、
ちょっとこわい・・・。
[PR]
by pyontaro-piyopiyo | 2006-08-08 03:20 | キキモノ


建築・ダイビング・映画…好き・嫌い、ごちゃまぜ、気まぐれ、てへへ日記


by pyontaro-piyopiyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ケンチク
ダイビング
ヒトリゴト
ニャニャニャ
ぷらりフォト
おでかけフォト
シネマ
ヨミモノ
キキモノ
シモタカマニア
ヒロシマじゃけん
ピリピリ
未分類

お気に入りブログ

BAGUS!
Jonny and Ju...
バンビと一緒にお家をつくろう
サカナのキモチ
326の徒然日記
ashuとnamyのよも...
ONE DAY
☆海と星☆
「道の駅紫波 レストラン...
ぱいんの「海であそぼ」
ダイビング、楽しい~♪
PARADISO 
お天気おぢさん (撮れた...
All About 身辺雑事
よーなしブログ
na praia.
ふわもこ日記    マメ...
いろはにむげん

リンクいろいろ!

タグ

(141)
(100)
(98)
(25)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
マリンスポーツ

画像一覧